Skip to content

米相場の投資家としての本間宗久

本間宗久は、江戸時代にコメ先物で財を成した投資家です。現在の山形県で生まれた人物で、江戸や大阪で米相場に挑みました。米相場は先物取引として投機的な取引が行われていました。現在、先物取引といえばテクニカル分析が盛んに行われているのですが、現在で言うところのテクニカル分析の元を作ったとも考えられています。大阪の米相場では有名になり、「出羽の天狗」という異名もつけられました。そのためにはいろいろな研究を行っていたそうですが、それによって齎されたのがテクニカル分析の手法だと考えられています。その一つがローソク足です。ローソク足は、現在では多くの投資家がごく普通に使っているものと言えるでしょう。株価のチャートに描かれているのがローソク足で、これから株式投資を始めようと考えている人であっても、これくらい見たことがあると思います。それくらい有名なものなのです。このローソク足は本間宗久が考えだしたものであると言われています。また、いろいろな書物も残していて、その中には現在のテクニカル分析に共通するものが多くあるのです。本間宗久が投資家として活躍したのは、今から200年以上も前のことなのですが、その時代からすでにチャートを描いてテクニカル分析をすると言ったことが行われていたのです。その分析方法は多岐にわたるために一言では言えませんが、現在の株式市場や為替市場、先物市場などでも用いられています。現在でも熱狂的なファンもいるのです。

投資家としての村上世彰の投資手法

投資家はそれぞれで投資手法を持っています。村上世彰は、村上ファンドとして名を上げたファンドの代表で、現在ではシンガポールに在住しています。その投資手法は経営に積極的に参加していくことです。日本の企業の中には、キャッシュや他の資産を持っていながら有効利用をしていないものが多くありました。最近ではROEが重要視されるようになったために、このような傾向はなくなってきているようですが、過去には多くあったのです。このような会社に対して積極的に経営に参加し、無駄な資産を売却したり、あるいは有効活用したりしながら企業の価値を上げていくというのが投資家としての村上世彰の手法だと言えるでしょう。例えば、ある会社の株式を買い集め、株主として提案を行って収益性の事業に専念させます。そして、企業価値が高くなって株価が高くなったところで売り抜け、大きな利益を得るというのが基本的な方法です。企業としては株主によって価値が上がるというメリットもあります。これ自身は特に悪いことではないのですが、やり方があまりにもひどいということもあって批判はあったそうです。また、インサイダー取引によって逮捕されたこともあります。このような経緯はあるのですが、物言う株主というスタンスは現在も変わっていなくて、最近でも日本の電機メーカーの株主となって積極的に経営に関与しています。投資家としての村上世彰のスタンスは、日本にはどちらかというと少ないタイプだと言えるでしょう。

投資家としてのチャーリー・マンガーについて

チャーリー・マンガーは投資家であり、法律家でもあります。もともと、ハーバード大学のロースクールで法学を学び、卒業後には法律事務所を作っています。この時には不動産に関連した案件を多く扱う弁護士として働いていました。不動産に関した業務を行いながらも投資も行っていたのですが、それが両立できなくなると、弁護士をやめて投資を選びます。不動産に関する法律を熟知していたことも、その後の投資活動には役に立ったと考えられます。チャーリー・マンガーは、ウォーレン・バフェットが代表を務めるバークシャー・ハサウェイで重要な地位に就いていると言えるでしょう。バークシャー・ハサウェイはいくつかの子会社を持っていますが、その一つであるウェスコ・フィナンシャル・コーポレーションの会長を務めています。もともとは銀行のような会社でしたが、現在はどちらかというとベンチャーを支援するファンドとして活躍しています。また、株主総会では、チャーリー・マンガーの話を聞くために多くの人が集まるくらい、株主からの人気は高いと言えるでしょう。投資家としてバークシャー・ハサウェイを通じて行うことが多く、ウォーレン・バフェットの相方とも言えるでしょう。投資家としてのスタンスは同じなのですが、それ以外の部分では異なる部分も多くあります。ウォーレン・バフェットとはライフスタイルの上で違いはあるのですが、それが却って補完する関係にあって、より良い関係が生まれていると考えられます。

旅する投資家、ジム・ロジャーズとは

アメリカでも世界的な投資家として有名な一人であるジム・ロジャーズは「投資先の土地を旅して、その国の風土を理解した上で投資する」という、投資家としてはユニークすら感じる運用哲学を持ち、実際に世界各国を旅しつつ、その経験を投資に生かしています。その経験をまとめた著書も発売されていて、投資家らしい視点で旅した国の風土や人柄を的確に観察していることが伺えます。ジム・ロジャーズの投資スタイルは他の著名な投資家とは趣きを異にしており、一般人から見たら所謂「山っ気に富んだ取引」と言いますか、意外性に富んだものもありますが、実際のその国の背景となっている土地柄や人柄を肌身で知っているだけに投資を見事に成功させ、今の財産を築いてきました。それだけに「実際にその国の土地や人柄を見て投資する」というスタイルに好感を抱く方も多いです。彼と同じスタイルで投資をしたい方は電話確認なしのカードローンで世界各国を旅しつつ投資するのも良いのではないでしょうか。高齢となった最近の彼はアジアでも有数な金融都市のひとつであるシンガポールに拠点を移し、アメリカや日本が投資先としての魅力を失いつつあることを警告し、中国への投資を積極的に行っていましたが、最近の中国株暴落に巻き込まれて資産を大きく減らしたと本人自身が語っており、アメリカでも「アメリカに先はない」と散々豪語してきた後の今回の顛末だけに「彼は老いた」という意見も出ていますが、投資において数々の場数を踏んできたジム・ロジャーズだけに、また何かやってくれるのではないかと期待したいところもあります。

ウォーレン・バフェットは長期をメインとした投資家

ウォーレン・バフェットは世界で最も有名な投資家と言えるでしょう。彼はどちらかというと長期的な投資を好みます。優れた企業があれば、大きな資金を投資してしばらくの間は株式を保有し続けるというのが彼のスタンスです。最近では短期的な売買を好む人も多いようですが、彼は古くから長期的な投資を続けています。投資家としての特徴は、分散投資を行わないことが挙げられます。分散投資は投資の基本とも言われることがありますが、ウォーレン・バフェットはあまり好みません。これと決めた会社に対しては多くの資金をつぎ込んで、大きな利益を期待するのがウォーレン・バフェットのやり方です。長期投資しかしない投資家であるというイメージが先行しがちですが、それ以外の手法も用います。長期投資が望ましいと考えていることには間違いはないのですが、投資対象として魅力的な企業がなければ裁定取引を行うこともあります。たとえば合併や買収に際して、理論的な株価と実際の株価に差があれば、期間を考慮して大規模な裁定取引を行うこともあります。慈善事業も行っていますが、それはあくまで個人として行っていて、バークシャー・ハサウェイとしては積極的には行っていません。株式会社の利益は株主のものであるというのは、これは株式の仕組みの基本的なものだと言えるでしょう。ですから、株式会社が稼いだ利益を寄付する場合には、株主がそれを決めるべきだと考えていて、実際、それぞれの株主が決定した団体へ寄付を行ったこともあります。

投資家とはどういう存在なのか

投資家とは、事業、不動産や証券などに投資をする人のことです。将来の収益を期待してこれらに資金や資本を投下します。投資家には個人で行なう個人投資家と法人で行なう機関投資家があります。個人投資家は個人の資産を投資します。機関投資家は顧客や構成員から拠出された資産を投資します。機関投資家は動かすことのできる金額が大きく、市場を動かす影響力がとても大きいものになっています。機関投資家には銀行、投資ファンドや年金基金などがあります。金融機関の場合、顧客からの預金を運用します。また、投資ファンドの場合は顧客から集めた資金を運用します。日本では投資家とは江戸時代から米相場の相場師として存在していました。有名な最古の投資家に本間宗久氏がいます。本間宗久は日本では一般的なローソク足や、現在でも愛好家の多い酒田五法を考案したとされています。また、世界的に有名な投資家にはアメリカのウォーレン・バフェット氏がいます。彼は1万ドルの元手から620億ドルの資産を生み出し、世界最大の投資家と言われています。投資家とは社会に対してなんの貢献もしていないと誤解されがちですが、投資家の社会的な役割としては資金の流動性を供給することにあります。投資家が買い手や売り手として存在しているからこそ、社会の経済活動が促進している面もあるのです。投資家が投資をすることによって企業の資金調達の流れを促進し、経済活動の効率性や規模を高め、経済全体の向上に寄与しているのです。